スタイルシートを匠に操ろう

CSSで上級者のウェブページを

ホームページを作るには普通、htmlを書いてそれをサーバーにアップデートします。しかし、それだけでは何か物足りない。そう感じたことはありませんか。ネット上で多くの人が訪れるホームページはほとんどがデザインが美しく、見やすいです。それらを作るにはhtmlだけだは足りません。cssを使う必要があります。
cssはスタイルシートの言語で、htmlに組み込んで使います。色をつけたり、図形を作ったり、配置を決めたり、余白を決めたり様々なことができます。さらに、応用すれば動くホームページやスマホ対応のホームページを作ることができます。
難しそうに見えるかもしれませんが、基本を覚えれば応用は簡単なので是非使ってみてください。

cssの基本的な書き方

cssは基本さえ覚えれば応用的な内容も理解できるシンプルな言語です。cssを使うには、htmlにcssを組み込むための設定をする必要があります。html内に書くこともできますし、外部のcssファイルを読み込むこともできます。外部から取り込んだほうが複数のhtmlで使い回すことができるので便利です。そして、html内にタグを作り、それにidをつけます。これでcssを書くことができます。cssの基本は♯id名{プロパティ:値}です。プロパティには、何をするかを、値には具体的な数値を書き込みます。このプロパティを覚えることで様々なことができます。
cssの基本を覚えれば、起動します後は匠に操って自分が作りたいホームページを作りましょう。